コロナ時代にできる「考える」という仕事。


アイルランドでは、外出・営業自粛から1ヶ月以上、およびロックダウンから2週間程度が経過し、5月5日まで続く予定です。

業務は停止でも仕事はある

幸い僕は元々オンラインカウンセリングをしていたので、仕事を全て失った訳ではないのですが、現地でやっている仕事はもちろん停止状態が1ヶ月。
当然その分時間が余る訳です。
友人や家族、お金の心配や先の見えない不安など、頭に巡ることはたくさんありますが、それで埋められているだけでは何も生まれない。
こんな時にみんなできる仕事は「考える」ということだと思います。
ちなみに、個人的にですが、業務と仕事は別だと思ってて、
業務は与えられたことをこなして、その対価として報酬をもらうこと。仕事は何かを生み出した結果として報酬をもらうこと。だと思っています。一般企業にお勤めの方だったら結構当たり前だったりしますかね…?笑
「考える」仕事といっても、考えるだけでお金は直接発生しないかもしれませんが、のちに何かしらの報酬(金銭や信頼など)につながるように色々考える訳です。
話を戻して、、、考えるためには知識と経験が必要ですよね。
辞書で「考える」を調べると、「知識や経験を基に、筋道を立てて頭を働かせる」とあります。(デジタル大辞泉 https://dictionary.goo.ne.jp/jn/


考えるという仕事、僕の場合

僕は、臨床心理士という知識や経験を活かして何ができるかを頭を働かせました。
今コロナウイルスの影響で心的負荷を抱えている方が大勢います。それから2次的に苦しむ方も増えてくると思います。
でも、そんな人を対象にするためにはどんな知識が必要なんだろう、と調べた結果
サイコロジカル・ファースト・エイド(PFA)の知識が役立つことがわかり、
オンラインコースを受講し修了しました!
PFAは災害や大事故の直後に提供できる心理的支援です。もちろんパンデミックも含まれます。
また1つ知識が増えた訳ですが、自然災害などと違って実際どこか現場に行ったりすることでもないし、今度はオンラインでPFAをどのように提供できるかを「考える」仕事が増えました。
臨床心理士の自分ができる最大限のことは今はこれかなと。
時間がある時にこそ、今までの分の休養を取り戻すのではなく前進。普段後回しにしがちな自分の領域を超えた幅広い勉強を。
例えばこんな感じで、知識や経験をもとに考えて、足りていない知識をまた蓄えて、それをもとに考えて、という風に家の中でもできる仕事を自分で作り出す。これはみんなできることなんじゃないかと思います。パスカルも「人間は考える葦」と言いますし。


おわりに

必ず乗り越えられると思うんです。補助金関係が整理されていないことや受給できるか分からない不安、マスク2枚?、自粛するのしないの?いろーんな文句を一旦置いておいて、あるいはその心的経験を活かして、今できる最大限のこと、次につなぐための「考える」をやってみてほしいです。
さてこのPFA、どう活かしましょうかね。普段のオンラインカウンセリングはきっとこういった事態が落ち着いた頃に需要が高まると思いますが、それを待っていては遅いんじゃないか、心理支援を必要としている人を取りこぼすんじゃないか、そんな気がするのです。もちろん心理士だけでみんなを助けるんだ、なんてことは思ってません。
最前線で頑張ってくれている医療関係者、スーパー従業員など曝露が高い人、テレワークができない人。孤立してしまっている人、それから残念ながら家族や知り合いを亡くしてしまった人など。コロナがきっかけでいろんな理由で二次的に心理社会的に苦しむことになってしまった人への適切な支援の入り口、あるいは「交通整理役」のようになれたら嬉しいです。
という訳で今回僕が取得したPFAは以下のリンクから。
NCTSN Learning center for Child and Adolescent Trauma
https://learn.nctsn.org
6時間程度のオンライン講座で無料です。途中で休憩を挟んだりできます。
(*6CEを取るには臨床心理士、公認心理師、PSWや看護師などの資格が必要)
オンラインで受けられるのは現在この機関で英語のみみたいです。

それから医療従事者の方は一応こちらも.
「新型コロナウイルス流行時のこころのケア」(2020.3.15) IASC
https://interagencystandingcommittee.org/system/files/2020-03/IASC%20Interim%20Briefing%20Note%20on%20COVID-19%20Outbreak%20Readiness%20and%20Response%20Operations%20-%20MHPSS%20%28Japanese%29.pdf?fbclid=IwAR2ZCfFZyudmKn1EabLwawc-ndvesYhGVQhkCBciqDkaPiM8RLNW9lUSfM


日本マジで頑張れ!
お読みいただきありがとうございました。


コメント